Swiftプログラミング SpriteKitを使ってみよう

Swiftプログラミング SpriteKitを使ってみよう

どうも、東京リーマンエンジニアのかわけんです。

今回はSpritekitを使って表示した円をタッチ操作で動かす処理の解説をしていきます。完成イメージはこんな感じです

SpriteKitとは

2Dゲーム開発用のフレームワークです。iOSアプリ開発においてゲームを作成するのであれば、必ず学んでおきたいフレームワークです。

SKViewを画面に追加しよう

SimpleViewAppでプロジェクト作成ができたら、ViewController.swiftにSpriteKitをimportしましょう。

次に、”Cocoa Touch Class”を作成しましょう。今回は”MySKView”と設定します。また、”SKView”のサブクラスとして作成します。ファイルが作成されたら、MySKView.swiftも忘れずにSpriteKitをimportしましょう。

 

Main.storyboardのViewのクラスを今作成した”MySKView”に設定しましょう。

 

これで、SKViewが画面上に追加されました。

SKSceneをSKViewに追加しよう

今度はゲームの一つ一つのシーンを構成するSKSceneをSKViewに追加していきましょう。”Cocoa Touch Class”を”MySKScene”というクラス名で作成します。また、”SKScene”のサブクラスとして作成します。

“MySKScene.swift”が作成できたら、以下の手順でソースに処理を記述しましょう。

①SpriteKitのimport

②表示するグラフィックの定数化

③didMoveメソッドにてスプライト(表示する画像)の詳細設定・表示

今回表示する画像はprojectフォルダの直下に格納しておきます。

 

画面にSKViewを表示させよう

次に以下の処理をViewController.swiftに記述して、画面上にSKViewを表示させよう。
①SpriteKitのimport

②画面上のMySKViewをアウトレット接続

③画面上のMySKView(myskvie)にmysceneの設定

この状態でシミュレーターを起動すると、画面上に画像が表示されます。まだタッチして動かすことはできません。

スプライトをタッチ操作可能にしよう

スプライトをタッチしてSKScene上で自由に動かす処理を”MySKScene.swift”に処理を記述しましょう。touchesMovedメソッドではタッチされた場所の座標を取得し、スプライトの表示位置を変更し続けてくれる処理を記載しました。

以上で、シミュレータを起動すると、冒頭のようにスプライトを自在に動かすことができます!!

UIViewよりも簡単にアニメーションが実現できるのでSKViewオススメです!!以上、今日もお疲れ様でした。コメント宜しくお願いします。

付録:ソースコード


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です