Swiftプログラミング Xcodeの導入

Swiftプログラミング Xcodeの導入

どうも、東京リーマンエンジニアのかわけんです。

iOSアプリを開発⇒リリースまでの記録をブログで発信していこうと思っています。

早速ですが、今日は導入編という事で「Xcodeの導入」を解説していきます。

 

Xcodeを導入しよう

※MacBook端末専用のソフトです

AppStoreからXcodeをインストール

AppStoreを開き”Xcode”を検索してインストールしましょう。

xcode

 

 

Xcodeの起動

インストールが完了するとFinder⇒アプリケーション配下に”Xcode”が追加されている事を確認しましょう。

xcodeの起動

 

Xcodeの追加が確認できたらクリックして起動してみましょう。Xcodeが起動されると下記のようなウィンドウが開かれます。

Xcodeのウィンドウ

 

Xcodeプロジェクトを作成しよう

上記のウィンドウが開いたら、赤枠の”Create a new Xcode project”をクリックしましょう。Xcode projectとは、これから開発していくiOSアプリのソースファイルをまとめてくれるフォルダのようなものです。

クリックしたら一番簡単な”Simple View App”を選択し”Next”ボタンをクリックしましょう。

Xcodeプロジェクトの作成

 

次の画面に進むと、プロジェクト名などを入力するように求められます。

任意の値で構いません。当ブログでは、今勢いにノッている”Swift”を用いてiOSアプリ開発の解説を進めていきます。ノリに乗ってLanguageは”Swift”を選択しましょう。

Xcodeプロジェクトの作成1

 

次の画面へ進むとXcode projectをどこに保存するか聞いてきます。どこに保存したか分からなくなりそうな人は”DeskTop”に保存しておきましょう。

保存先が決まったら”Create”を押してXcode projectが作成されます。

Xcodeプロジェクトの作成2

 

ここまできたら……ボンっと下記のウィンドウが開かれ、Xcode projectの作成が完了しました。

Xcodeプロジェクトの作成3

 

今回は、”Capter0.0 Xcodeの導入”という事で

①Xcodeの導入

②Xcode projectの作成

を解説しました。アプリ開発はこれからです。開発環境が一番挫折しそうになりそうですが、ここまでくれば貴方もエンジニアの仲間入りです!!

次回は画面の作成について解説していきたいと思います。👏

ではでは〜、お疲れ様でした。また明日!


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です